WN.

アンテナを張ってる誰かさんの音楽ノート

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

かざらない日常、弱音、希望。【スピッツ「美しい鰭」レビュー】

※ 当ブログにはプロモーションが含まれています

f:id:any_E7th:20230412101026p:image

イントロ

4月12日リリース、「美しい鰭」。

先行配信が始まった昨日さんざんはしゃいでいたのですが、↓

whiskersnote.com

今日、満を持してシングルがリリースされました!

というわけで、表題曲「美しい鰭」はもちろんですが、今回はカップリングの2曲にも焦点をあてて感想をつづっていきたいと思います!

 

もくじ

 

 

切なくも美しい「美しい鰭」

シングルのA面である「美しい鰭」は、とにかく旋律の美しい1曲。草野さんのきれいな高音の裏声がサビで響くことによって耳残りも抜群です。

「鰭」と聞くと魚や海の光景をイメージさせますが、それを意識してか、全体的なサウンドもリバーブがかかっているような、海の中で音が反響するのを表現しているような感じがします。

テンポもミドル(BPM=98くらい?)、コードもゆるやかに進行していく展開が続いていて、なんとなく魚の流線形を想像しました。でも印象付けたい部分(「美しい鰭で」)は軽々オクターブをこえてみせるという・・・。あとここのコード進行、個人的に大好きなので特に刺さります。ぐっと切ないですよね・・・。

それからこれはスピッツの曲全般に言えることですが、崎山さんのドラムってすごく軽やかですよね!聞いていてすごく気持ちがいいです。
ドラムの音の軽やかさはドラムによるものなのか、崎山さんのバックグラウンドによるものなのか、アレンジが関係しているのか・・・そのあたりが気になったので、また別の回に掘り下げてみたいと思います。

壊れる夜もあったけれど」という歌詞にはドキリとさせられました。壊れそうな夜、じゃなくて、壊れる夜。書いた草野さんはもちろんだけど、誰しもにこういう苦しい瞬間があったんだよな、ということを考えさせられます。

 

飾らない日常の中で。「祈りはきっと」

「祈りはきっと届くと思う」。届く、と言い切らないところがスピッツの良さだとわたしは思います。実際は届かないかもしれないけど、少なくともそう期待している。希望を捨てていない、そう信じようと思っている。という感情をみんなつめこんだ結果が「届くと思う」なのかな・・・と勝手に想像しました。

 

軽やかな曲調と何気ない歌詞の中で聞き触りのいい曲としてなんとなく聞き流してしまいそうになるのですが、その中で

それまで無事でいて どんな罠も避け
新たなる旅路
引用:スピッツ 祈りはきっと 歌詞 - 歌ネット

この一節にものすごく胸を打たれました。なんて切々とした祈りなんだろう。

 

大切な想いがこめられていそうな曲ですが、言葉としては少ないし、曲自体も3分17秒と短め。あくまでもさりげないままに曲にまとめるところも好きなんですよね・・・。脚色しすぎない、けして大袈裟にしないというか・・・。それはこの曲がカップリングだからなのか、ドラマチックな曲ではないからなのか、たまたまなのか、わかりようがありませんが、草野さんならいろいろ考えて仕上げていそうです。

 

ほわんと温かい光。「アケホノ」

Aメロど頭のギターとドラムだけ聞いていると、洋楽ロックっぽいのがはじまるのか?と思ったのですが、Bメロからどんどん「歌」に舵を切っていったような印象。そう思うと改めてロックと(当時で言う)歌謡曲をまぜこんだスピッツの音楽性を実感しますね!また、今回のシングルは全体的に「歌」を感じました。メロディアスさも、構成も。こうなると逆にアルバムの方にはロックっぽいサウンドが盛り込まれているかも・・・?!どっちの曲調も好きなので、アルバムも楽しみです♪!

「アケホノに」と駆け上がっていくメロディで気持ちがぐっと上向く感じが最高に良いです・・・!!また、爽やかな曲ですが、草野さんの歌詞のセンスも輝きまくっている曲でもあります。

そのぬくもりは あえて例えるならば
救いのない映画の後の甘い物
引用:スピッツ アケホノ 歌詞 - 歌ネット

なにその表現すてき・・・。草野さんの具体的なものを使った例え大好きなので「アケホノ」の歌詞はめちゃくちゃぐっときます!

 

「アケホノ」という言葉は無いので、曙=夜明けのことなのでしょうが、濁点を抜いてカタカナにしたことで、スピッツらしい、少し肩の力の抜けた優しいワードになっていますね!

冒険を始める前の、少しはしゃいだ気持ち、不安な気持ち、けれどそこに何か温かいものを感じさせる優しい曲です。スピッツの良いところがいっぱい出ている大好きな1曲!

 

アウトロ

もうめっちゃくちゃ良いシングル。

「美しい鰭」はニューアルバム「ひみつスタジオ」に収録されますが、いつも通りならカップリング2曲ももうしばらく後にスペシャルアルバムとしてパッケージングされるはずです。そうだスペシャルアルバムもあるじゃん・・・大変だ生きなきゃ・・・。

 

スピッツはいままでどの曲を聞いてもはずれたことがないのですが、それと同時にいつも何か新しいメロディーやサウンドを探している印象を受けます!だからいつまでも次の曲が楽しみになってしまうんですよね。本当にすごいバンド・・・。ずっと追いかけ続けたいと思います。

とりあえず「ひみつスタジオ」が楽しみ!!!リリースされたらまたレビューしたいと思います♪

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

また次の素敵な音楽でお会いしましょう◎
Have a nice music!

 

 

\よかったらポチリとお願いします/

 

 

___________

 

【関連作品】

 

【関連商品】

 

 

 

 

___________

 

【参考・引用ページ】

スピッツ 美しい鰭 歌詞 - 歌ネット

スピッツ 祈りはきっと 歌詞 - 歌ネット

スピッツ アケホノ 歌詞 - 歌ネット

プライバシーと Cookie の設定