WN.

アンテナを張ってる誰かさんの音楽ノート

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【ジャネットジャクソンから】カバー曲のお手本みたいなやつ見つけました【島谷ひとみへ】

※ 当ブログにはプロモーションが含まれています

f:id:any_E7th:20230503154526p:image

イントロ

カバー曲って世の中にたくさんありますが、「それってけっきょく人の曲を歌ってるってことじゃないの?」と思っていた時期が私にもありました。(小学生くらいの頃ですよ?!)

たくさんの素晴らしいカバー曲に出会い、小学生の頃のようには思わなくなりましたが、今回決定的に「これこそがカバーだ!」と思える作品に出会えたので、ご紹介していきたいと思います♪

曲を楽しみながら、「カバーとはなんたるか?」ということを一緒に考えていきましょう!

 

もくじ

 

 

「ふたり以外どうでもいいのよ」原曲”Doesn't Really Matter”

今回聞いていただきたいのは、Janet Jacksonの”Doesn't Really Matter”。

映画主題歌であったりMVにあの犬型ロボットaibo(懐かしい)が登場したりと、何かと話題になり、そしてかなりヒットした曲のようです。(今回は曲に焦点を当てたいので割愛します)

Janet JacksonというのはあのMichael Jacksonの妹さんですが、これを聞くと「Michaelの妹だからどうこうじゃなく、この人自身がすごい音楽センスを持ち合わせているんだな」とはっきりとわかります。

歌メロのメロディックなこと・・・!!!サビだけでなくAメロもBメロも独立した良いフレーズで、世界観が完成されています。

またR&Bらしい遊びも持ち合わせながら、どこか神秘的な雰囲気をかもしだすアレンジも秀逸です。この神秘的な雰囲気、どこか妖しげで倒錯的な雰囲気が"What matters to me is you're nutty, nutty nutty for me(大切なのはあなたに夢中だってこと、それだけ)"という歌詞をめちゃめちゃ引き立てています・・・迷い込んでしまいそう・・・。

 

アジアへ飛び出した蝶、カバー「パピヨン ~Papillon~」

これをカバーしたのが日本の歌姫、島谷ひとみです。タイトルは「パピヨン ~Papillon~」。テーマすら一新してしまいました

この曲、楽曲完成後に本家Janet Jacksonから「歌詞が原曲のイメージと違うのでリリースしないでほしい」と連絡がくるというまさかのトラブルに見舞われます。

「あなたとわたしが恋に落ちて今ここにいる、それ以外どうでもいいよ」とくりかえす”Doesn't Really Matter”と比較して、パピヨン

あなたはアジアのパピヨン きれいな水を飲む
マラミン タマラッ ダンニャバード
トゥリマカーシー シャオホア ニイハオ

引用:島谷ひとみ パピヨン~papillon~ 歌詞 - 歌ネット

アジア全域への広がりを見せていますからね!まさに羽ばたいていくパピヨン(蝶)。

Janet Jacksonは改めてこの曲を聞き、自分の楽曲に新しい一面を見出したとして、結局この曲を受け入れてくれます。そうなんです、このマイナー調のメロディと神秘的な雰囲気、「アジアを飛び回る蝶」というテーマがものすごくしっくりくるんですよね!それを幻想的かつアジアの言葉をちりばめた歌詞、楊琴のようなアジアの弦楽器のサウンド島谷ひとみさんの表現力が完成させています。見事としか言い様がない・・・。

日本語になったことで伸びが出て、島谷ひとみさんの美しい歌唱力が遺憾なく発揮されているのもかなり良いポイント。R&Bの域を飛び出して、メロディアスさを生かした歌ものとしても新しい良さを獲得しています。

 

「カバー」とはなんなのか?

Janet Jacksonが言うように、この曲はこの曲としての魅力を放つと共に、原曲に対しても新しい解釈を見いだしたんですね。カバーというのは、原曲とは別の新しい意味を見つけ出すこと、センスや音楽観を結集させて原曲をさらに深めること、愛を注ぐ行為なのだなと感じました。

Janet Jacksonの”Doesn't Really Matter”は本当に名曲だと思います。でも新しい意味を獲得したカバー曲「パピヨン ~Papillon~」は、決して模倣でも劣化でもない。原曲とは別の表現を探した、れっきとしたひとつの新しい音楽です。

 

また、もともと原曲を好きだった人はカバー曲を聞いていろいろな意見を持ちます。そして、さらに新しい意味を見いだすかもしれない。カバー曲から知った人は原曲に出会うチャンスと、音楽の無限の可能性を知るはずです。そういう意味でも、カバー曲というのは、音楽のいくつもの解釈や選択肢を広げる良い手段なのかもしれませんね!

 

オマケ:その他大好きなカバー曲

他にも素晴らしいカバー曲はたくさんあるのですが、その中でもうひとつだけご紹介します◎ 

松田聖子さんの名曲「SWEET MEMORIES」を、元andymoriメンバー+シンガーソングライターのPredawnさんが集まった「小山田壮平&イエロートレイン」がカバーしたもの。

andymoriが集っているという時点でandymoriファンとしては泣けるのですが、松田聖子さんのなんとも甘やかな楽曲をこんなにも哀愁と切なさたっぷりに仕上げられるのか・・・!という点で衝撃を受けました。

こちらも原曲のポテンシャルに改めて気付かせてくれた名曲です。

 (言わずと知れた原曲ものせておきます)

 

アウトロ

いかがでしたでしょうか!

 

書いていて思ったのですが、名曲がカバーを経て新しい価値を持ってしまったら、いよいよ音楽の面白さは無限大ですね・・・!

自分の人生が終わるまでにこの世のすべての音楽を味わうことはできないのだなと思うとちょっと絶望します。(独特の価値観

でもせめて、1曲でも多くの音楽を味わい尽くしていきたいと思います!

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました♪
また素敵な音楽でお会いしましょう!
Have a nice music, and GW!

 

 

\よろしければポチッッ!とお願いします/

 

 

【関連作品】

 

 

 

 

 

 

【参考ページ】

ジャネット・ジャクソン - Wikipedia

ダズント・リアリー・マター - Wikipedia

Janet Jackson – Doesn't Really Matter Lyrics | Genius Lyrics

島谷ひとみ パピヨン~papillon~ 歌詞 - 歌ネット

パピヨン〜papillon〜 - Wikipedia

プライバシーと Cookie の設定